【刀剣乱舞】舞台主演の七海ひろきの年齢は?声優・宝塚引退について調べてみた

 

5月7日に舞台「刀剣乱舞」の2020年夏公演の追加キャストが公開されました。この舞台は緊急事態宣言の延長に伴い、チケット販売も延期となっています。

今回の発表により追加となったキャストは、塚本凌生・星元裕月・七海ひろきの3人です。そこで今回はそのうちの一人である元宝塚歌劇団星組の男役スターである七海ひろきさんについて調べてみました!

七海ひろきって誰?

七海ひろきさんは茨城県水戸市出身の元宝塚歌劇団の男役スターであり、現在は俳優・声優・歌手・ラジオパーソナリティなど多方面で活躍されています。

七海ひろきさんは幼いころからボーイッシュな性格であり、2歳上のお兄さんとヒーローごっこなどをして遊んでいたそです。小学校に上がると学級委員長を毎回務めるなど、クラスでは人気者の優等生だったそうです。宝塚に興味を持ったのは小学校6年生の時で、テレビで天海祐希さんの「風と共に去りぬ」を見たことがきっかけでした。

また、小さいころから演劇部に所属しており、芝居に熱中していたそうです。その他吹奏楽部ではトランペットを担当していました。

そして高校2年生の時に2度目の受験で宝塚に合格しています。地元である茨城から東京まで往復5時間をかけてレッスンを受けに行くなど、努力家であることがうかがえます。

七海ひろきの年齢は?

七海ひろきさんの年齢についてですが、高校2年生の時に宝塚に合格されているので、2020年1月17日で37歳であると考えられます。(1983年1月17日生まれ)

ということで2020年で37歳を迎えられた七海ひろきさんですが、実年齢よりもとても若く見えます。

とあるインタビューで、現役時代は保湿などの細かいケアはあまりせず、クレンジングだけはきちんとしようと心掛けていたと答えています。退団後は運動量が減ったことから新陳代謝が落ち、顔色がくすんだりすることもあるため、筋トレなど体を動かしたりしているそうです。また、基本的にスキンケアはシンプルにしているそうです。

七海ひろき 宝塚退団について

七海ひろきさんは多くのファンに惜しまれながら2019年3月に宝塚歌劇団を退団しました。退団後もボーイッシュな姿を続けていますが「これが私の素」と答えていました。また退団からわずか5か月後の2019年8月にはキングレコードからメジャーデビューし、2020年4月15日はフルアルバムを発表しました。その他多くのTVアニメで声優を務めたり、舞台に出演するなど多方面で活躍をされています。

今後の活躍にも期待ですね!

おすすめの記事